棗の森

思ったこと、舞台やミュージカルの観劇日記や読んだもの聞いたものの感想を髙橋なつめがつらつらと。

菅井友香さんというおんなのこ

初めてひとりのアイドルを好きになりました。

欅坂46キャプテン、菅井友香さん。

あだ名はゆっかー、らしいのですが照れくさくて菅井さんと呼んでおります。

そんな菅井さん、「おんなのこ」という表現がとても似合うなぁと。

女の子でも、女子でもなく、ひらがなでおんなのこ。

おしとやかな仕草と少し子供っぽい顔つきは、なんだか澄んだ存在に見えたのでした。

 

そんな菅井さん、お嬢様なのです。

馬術が得意(!)で、言葉遣いもとても綺麗。こんな人になりたいな、と同性ながら感じました。

そんな菅井さん、負けず嫌いな面もあるそうで、だからアイドルとしてやっていけるのかなと。

けれど、いつもにこやかに、ときに天然気味な菅井さんは本当に可愛らしいです。

 

そう、アイドル。

私は菅井さんのファンになったことで、アイドルに対する認識が変わったのです。

私の中ではアイドル、特にアイドルグループはひとまとめで雲の上の存在でした。

その中にひとりひとりいろんな人がいるのはわかっていても、あまり個人を気にしたことはなかったのです。

初めて知りました。

アイドルグループは、泣きあったり、喧嘩しあったり、それぞれ悩んで、それでも立ち上がっている人たちの集まりだと。

ひとりひとりがいるから、はじめてグループになれるのだと。

アイドルというのは、私達と変わらない男の子、女の子であると。

 

 

アイドルへの認識を、変えるきっかけをくれた菅井さんに感謝しながら、次のCDを待つとします。

 

不協和音、楽しみですね。