AMEDAMA。

観たもの聞いたもの読んだものの感想とか思ったこととか。

しあわせのライブ ーTHE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR〜GLORIOUS ST@GE!〜ー

アイドルマスターSideM 3rdライブ4/28静岡公演のライブビューイングに、友達に誘われて行ってきました。

 

このライビュに合わせてアニメを見、友達から借りたCDを聞いて予習はしていたものの、WとDRAMATIC STARS、あとは土岐さん演じる都築圭さんしかしっかり知らなかった私は不安半分楽しみ半分という感じ。

 

 

それなのに、何度も泣きました。曲の最中や演者さんの挨拶、なんなら最初の注意事項の時点でずっとずっとその先へ、と言われて泣きそうになりました。チョロい。

 

知らない曲がありました。サビしか知らない、どこで転調するのか、どこでコールするのかわからない曲。そんな曲に対して、ペンライトを思いきり振る自分がいました。

 

知らないキャラクターがいました。彼らが何かする度に、喉の奥からひきつったような黄色い悲鳴が発せられました。知らないのに、わからないのに、ただ、この人が、このキャラクターがとてもかっこいい人だと、その事実を存分に目の前にぶつけられているようでした。

 

 

SideMって、すごいなあ。

何がすごいって、作品について知ってる人だけでなく、私のように知らない人が楽しめるライブが作られていたことです。

演者さんが心から楽しそうにMCをして、心から楽しそうにお話していて、かと思えばキャラクターにしか見えない表情で、歌って踊って。

お客さんもすごく楽しそうにコールして、ときには一緒に歌って、ペンライトを振って。

本当に本当に楽しかったなあ、とそれしか思いつかないくらいでした。

今でもライブビューイングを思い出す度にソワソワして、ペンライトを振りたくなってしまいます。

 

こんな風にすごいなぁ、楽しかったなぁしか出てこないので、特に印象に残った曲について少しだけ記したいと思います。

 

☆勇敢なるキミへ

FRAMEについて、ほとんど何も知らなかったんですが、知らなかったのに泣きました。こんなに優しい、背中を押してくれる曲があるなんて。なんというか、大丈夫だから!って励ます曲って世の中に多いと思うんです。けれど、この曲は〜〜していいかい?という風に無理に励ますのではなく、こちら側の準備ができたらそのときは背中を押すよ、それまで待っているよ、という声が聞こえてきそうな曲でした。

あと呼んでくれよ「ふれーむ!」って言う、本当にユニット名を呼ばせてくれるのが嬉しかったです。

 

 

☆MOON NIGHTのせいにして

この曲、密かに聞きたいな〜と思っていたので嬉しかったです。前奏が流れた瞬間、スクリーンの向こう側と映画館内が一斉にギャアア!!!って悲鳴が響いて一気に周囲がオレンジになってちょっとびっくりしたと同時に圧倒されました。すごい威力のある曲。

コール&レスポンスが楽しかった!

へいへいへい!って言うのとかもわかりやすくて楽しくて、でも油断してたら「おいで」にやられました。本当に死ぬんじゃないかなって思うくらいの断末魔が喉の奥から出ました。DRAMATIC STARS、恐るべし。

 

 

 

☆Reversed Masquerade 

世界観がドチャクソに好き(語彙力)。この曲、ただのハロウィンちっくな曲ではなくて、要所要所に人と違うことを認めてもらえるような、優しい言葉が入っています。それがとてもよかった。あと古川さんの高笑いが凄すぎて…!

ダンスもオシャレで可愛かった!!

 

 

 

☆Reason!!

初っ端に流れた曲でした。

初っ端に流れて、声優さん達のキラキラと、プロデューサーの皆さんの幸せそうな歓声に涙ぐんだ曲でした。

315プロのキラキラしたアイドルらしさと、SideMが持つあたたかさをめいっぱい表現したような曲。聞けば聞くほど好きになる、素敵な曲!でした!

 

 

 

☆Swing Your Leaves

これまた優しい恋のお歌が来たな…ってほっこりしてたらライビュカメラの握野さんの「ばーか」にヴッッッみたいな声が出ましたあれはずるい…

帰って調べたらFRAMEは元警察官、自衛隊、消防士さんだったらしく、どちらかというと非日常に身を置く人たちだったからこそ、何気ない日常を慈しむ優しい曲が歌えるのかなと思いました。

 

 

 

本当に本当に、SideMってすごいなあ!という感想しか出てこなかった、それほど語彙力を失ってしまうくらいキラキラと、力強さと、優しさと、かっこよさに圧倒されたライブでした。

次のライブがあるのなら、そのときは、一度は現地に行ってペンライト振ってコールしたいです!